義務ではない登記であってもしておくのが理想

不動産は、登記をしなければ自分のものだと他人に証明することができません。
そのため、マイホームを購入する際には、しっかりと登記しておくのが基本です。
建物表題登記は義務ですが、所有権保存登記は義務ではありません。
義務でないのなら登記をしないという人もいますが、万が一のときには数千万という損害が発生してしまいます。
お金がかかるからといって登記をしないのは、あまりオススメができません。
登記は自分でもできますが、普通は司法書士の先生に依頼をして、代わりにしてもらいます。
書き間違いなどがあってもいけませんし、普通に登記をするだけでも素人には難しいからです。
また、その際には税金もかかります。
建物価格によって支払うべき税額は変わるので、一概にいくらかかるとは言えません。
司法書士の先生に相談をしてみれば、コストも明確になりますから、まずは相談をしてみましょう。
弁護士と違って、相談だけであればお金を取られることも少ないです。

初めてデートクラブに登録するなら

CLUB ArK(アーク)は神戸№1のお店です

デートクラブ
自由なデートを楽しんでいただけます

恋愛に関する統計データを配信中
実際の経験談もあるので、参考になること間違いなし!

無料で会うことはできるのか
半年にわたる調査の模様をお届けします

関連記事

  • せっかく手に入れたマイホームでも、何等かの理由により、売却しなくてはならない状況に陥ることもあります …

    詳細はコチラ

  • 世の中には、様々な投資の方法があります。
    どの投資も簡単には行かず、成功させるためにはある程度 …

    詳細はコチラ

  • マイホームを購入する場合、ポイントになってくるのはマイホームの価格でしょう。
    多くの人が住宅ロ …

    詳細はコチラ